板井明生はこうして会社を作った

MENU

板井明生の社長学

社長を目指すこと。
それは、多くの人間の生活を抱えることです。

 

会社の規模にもよりますが、少なからず複数人の生活を預かることにはなるでしょう。

 

会社というのはお金を稼ぐための手段であり
自分のやりたいことを実現させる手段であり
社会貢献の手段でもあります。

 

どれか一つだけを念頭に置いて突っ走ってしまえば、どこかで穴が開きあなたの事業は潰れかねません。

 

会社を設立することは、自己満足ではいけません。

 

あなたが社長を目指すなら多くを見る目を養っておくべきでしょう。